デザインのポイントにもなる継手、組手

木の家具は一枚板の商品でなければ必ず、木材を継ぎ足して作られています。木材と木材を接合する際、それぞれの木材に凸と凹をつくり、それらをはめ込むことで2つの木材を接合する方法のことを「継手(つぎて)」や「組手(くみて)」と言います。木目や節、色合いなど、商品の木材そのものを楽しんでいただける要素もたくさんありますが、この「継手(つぎて)」や「組手(くみて)」がデザインのポイントになっている商品もあるので、ご紹介したいと思います。... [続きをよむ]

一枚板があるところ


先日、一枚板の仕入れにチームを組んで行って参りました!
そしてこれまでよりも人数を掛けた事で厳しい競争に勝ち抜き、選りすぐった板をこれまでより多めに仕入れる事ができました。... [続きをよむ]

機能、特徴を持ったチェアたち

家具の中でも特にチェアは種類が多く なかなか絞り込むのが大変です。 ここではデザイン以外に機能や特徴を持ったチェアを紹介します。 どうぞ家具選びの参考にしてください。

《 座り心地に特化1 》

■CH-0224 肘なしチェア ■CH-0225 肘ありチェア とにかく座り心地に特化したチェアです。 座面をソファの構造に近づけて 硬度の違うウレタン(スポンジ)を3層仕様。 それぞれのウレタンが土台、緩衝材、柔らかさを担い 絶妙な座り心地になっています。 長時間お座りいただくことを前提にしているため 座面の底は板ではなく布バネを採用。 底付き感がなくなり、軽量化にも一役買っています。 ■CH-0258 肘なしチェア ■CH-0259 肘ありチェア こちらは同じ座面構造で、少し硬めのクッションにしています。 また、さきほどは丸みのあるフレームでしたが、 硬めのクッションは四角いフレームに変更しています。 どちらもシンプルなデザインでどんなテーブルにもぴったり。 全店で展示していますので、どうぞ一度お試しください。

《 座り心地に特化2 》

■CH-0249 ハーフアームチェア 通常のウレタンとは違い、 専用の型を使いウレタンを製作。 それにより高密度でより質の高いウレタンが出来上がります。 背と座はそれぞれ3Dで曲線をつけているので 座り心地も抜群です。

《 カバーリング 》

■CH-0303 肘ありチェア 座面の生地がカバーリングになっているため 汚れたら簡単に洗濯やクリーニングに出せます。 ちなみにこの椅子は、背もたれの曲がり具合を 人間工学に基づいて設定していて、 縦に大きいため、どなたでもしっかりと背中を支えてくれます。

《 ハンギング 》

■CH-0304 ハンギングチェア テーブルに肘を引っ掛けることができるので 掃除の際に便利です。 ちなみにこのチェア、 簡単に取り外しができるカバーリング仕様です。

《 座面が回転 》

■CH-0031 回転チェア 座面が回転するチェアです。 ダイニングセット以外にデスクにもぴったりです。 ウォールナット、ブラックチェリーなど 5種類の樹種から選べ、 1脚3万円前後とコストパフォーマンスに優れています。

《 スタッキング 》

■CH-0272 スタッキングチェア 重ねて収納できるチェア。 来客用としても便利です。 他にも機能的なチェアはたくさんありますので どうぞ店舗にて実際にお試しください。... [続きをよむ]

ハーフアームを選ぶ理由

サイドチェアでもアームチェアでもない ハーフアームチェアの良さは、何か。 アームがあると、出入りに不便さを感じる事がございます。 そんな時はサイドチェアが楽。 ただサイドチェアだと、ゆったりと肘を掛けて寛ぎたい。 という時には、少しだけ物足りなさを感じます。 ハーフアームはその中間なので、 出入りが楽にでき、肘を掛けてゆったりと寛ぐこともできる。 そして、斜めに腰掛けて座るときでも、 アーム部分が背を支えてくれるという良さがあるんです。 御来客がありお隣の方と話すときに、 少し崩した姿勢でも話せるんですよ。 またこんなハンギングチェアもございます。 アームをテーブルにかければお掃除が楽々。 チェアは座り心地・見た目も大事ですが、 このようなアームを好んでお選びにあるのもよいですよ。 ... [続きをよむ]

キャビネットの脚による違い

収納家具の脚の形状というのは様々なものがあります。 脚がもたらす影響は機能面、見た目の面ともに大きく、収納家具を選ぶうえでとても重要なポイントとなります。 今回は脚の形状がどのように家具に影響するのかを、ご紹介したいと思います。

<脚のカタチ>

■台輪タイプ まずは代表的な脚のカタチである台輪タイプ。 もっともよく見かけるスタンダードな脚のタイプかと思います。 どしっとした安心感と堅牢な雰囲気があり、床とほぼ全面が接地していますのでお掃除の必要がありません。 堅実で実直な脚タイプかと思います。   ■木製脚タイプ 脚の形状はまた様々ですが、木製の脚で床から浮かせたようなタイプです。 円柱、円錐、角柱などありますが、最も多いのは上の写真のような円錐タイプではないかと思います。 本体が床から浮いているので軽やかでスタイリッシュな印象になります。 またお掃除は必要になりますが、最近だとお掃除ロボットに下を掃除してもらうために敢えてこのタイプを選ばれる方も少なくありません。 モダンで軽やかな佇まいを求められる場合はこのタイプがおすすめです。   ■金属脚タイプ こちらも床から浮いたようなデザインですが、木製の脚よりもさらにモダンな印象な金属脚タイプ。 木脚よりも強度が期待できますので、できるだけ細く長くできるというメリットがあります。 上の写真はステンレス脚ですが、下のような鉄脚などもあります。 ぐっと軽やかな印象が強まったかと思います。 木製家具の中のワンポイントとしても近年とても注目が高まっています脚タイプ。  

<それぞれのメリット・デメリット>

収納家具の脚タイプは大きく分けて上の3タイプです。 そこで、それぞれの脚のメリットとデメリットをご紹介します。

■台輪タイプ

メリット ・床と全面が接地しているので基本的にお掃除の必要がない。 ・他の脚に比べ、安価に製作できる。 デメリット ・シンプルな分、デザインを施すなら本体部分のみになる。 ・どしっとした印象は好みによっては重く感じることも。

■木製脚タイプ

メリット ・軽やかな印象になり、圧迫感が少ない。 ・脚のデザインにより表情に変化が生まれる。 デメリット ・本体下はホコリが入るのでお掃除が必要。 ・台輪に比べると高額になる。

■金属脚タイプ

メリット ・金属ならでは強度で長く細い脚も製作可能。木製脚より軽い印象にできる。 ・脚が家具自体やお部屋のポイントになる。 デメリット ・木製脚タイプと比べても高額になる。   中には本体よりも脚の方が長いチェストなどもあります。 このように脚ひとつとっても様々な形状があり、それによって見た目の印象や使い勝手がガラッと変わります。 収納家具をお考えの際は、ぜひご検討の参考にしてください。    ... [続きをよむ]